review....

韓ドラさんぽ

韓国ドラマと韓国映画の感想を書いていきます。

太陽を抱く月/韓国ドラマの感想

◆2018年12月視聴完了

韓国ドラマ「太陽を抱く月」を観た感想です。

朝鮮王朝時代の架空の設定です

<あらすじ>

朝鮮王朝架空の王、成祖が国を統治する時代。王の世嗣である世子のイ・フォン(李・喧)は、弘文館大提学の娘ホ・ヨヌ(許・煙雨)と出会う。お互いに惹かれ合う2人だったが、王の祖母である大妃は自身の甥の娘であるユン・ボギョンを世子嬪にする為、星宿庁の国巫チャン・ノギョンにヨヌを殺すように命じる。 8年後、王になったフォンは宮中に渦巻く陰謀に対し孤独に戦っていた。ヨヌを亡くしてからボギョンが王妃になっていたが、心を通わせておらず原因不明の体調不良に襲われるフォン。 そんな時、ヨヌに瓜二つの巫女と出会う。過去の記憶を持たない彼女には隠された秘密があった。

(Wikipediaより引用)

割としっかり観た初めての史劇。たいていの史劇は架空要素も絡めつつ史実に沿った内容である事が多く、当然ながら実在の人物も登場します。

このドラマは朝鮮王朝という時代設定はあるものの、登場人物や出来事など全て架空。

内容的にもファンタジー要素が強めです。

だからこそ史劇の最初の取っ掛かりとしては良かったのだと今さらながら思います。

韓国で高視聴率だったそうで、それもうなずける素晴らしいドラマです。

 

f:id:Gongyoo:20201017093822p:plain


小説が原作という事もあり、登場人物それぞれに役割があります。こんな事言ってはなんですが、無駄な人物が見当たりません。

キム・スヒョン演じる世子イ・フォンの子役時代をヨ・ジングが熱演しています。

陽明君(ヤンミョングン)を演じたのはチョン・イル。

今は亡きキム・ヨンエさん、チョン・ミソンさん.......

他にも魅力的な登場人物で溢れています。

ヨヌの兄の子役でイム・シワンが出てるのが地味にすごい。。。

さすがの美男子ぶりですよ。

 

 

史劇はあまり観ない、観てみたいけど沢山ありすぎてどれを観ればいいのかわからない....そんな方々におすすめします。

このドラマで史劇の雰囲気に慣れて、更に韓国史劇沼にドボンしたい方はガッチガチの史劇を観てみるのも良いですよ♪

 

2012年と古めのドラマですが、キム・スヒョンは当然素晴らしくイケメンですし、OSTも切ないのでハマります。

  

 

 

 読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

おすすめ度★★★★★

 

 


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村