review....

review....

韓国ドラマと韓国映画の感想を書いていきます。

運命のように君を愛してる/韓国ドラマの感想

◆2019年1月視聴

韓国ドラマ「運命のように君を愛してる」を観た感想です。

まるで少女漫画なストーリー

<あらすじ>

チャンイン化学のCEOであるイ・ゴン(チャン・ヒョク)は、短命の家系のため周囲から常に結婚と跡継ぎを急かされていた。彼には美しい恋人セラ(ワン・ジウォン)がいたが、彼女は世界的なプリマになる夢を諦められず、愛する人との結婚に踏み切れずにいる。一方、平凡な会社員のミヨン(チャン・ナラ)は、優しすぎるあまりにいつも損ばかりしている。付いたあだ名は"付箋"、必要だが大切ではない存在という意味だ。そんな全く別々の人生を送るゴンとミヨンだったが、ゴンを陥れようとするある策略によって、一夜を共にしてしまう。のちに妊娠が発覚し、戸惑いながらも結婚を決意する2人だったが…。

(BS日テレ公式ページより引用)

 チャン・ナラさん演じるお人好しなキム・ミヨンと、チャン・ヒョクさん演じるイ・ゴンのラブコメディ。正統派ラブストーリーとも言えるかも?というのも、

  • 出会いの設定が唐突すぎて少々無理がある
  • ミヨンは田舎育ちの平凡なOL、ゴンは財閥系大企業のCEOという格差
  • ゴンの家系は皆短命なのに何故か続いている
  • 脇役のみなさんキャラ強め

このあたりのちょっとありえない設定も含め、全てが少女漫画っぽいなぁと。

大まかな流れとしてはよくあるパターンだけど、合間にあるエピソードが良い意味で強引な感じ。今は漫画をあまり見なくなったけど昔は好きでよく見ていた、もともと漫画好き、なんて方にピタッとハマるドラマだと思います。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

@mii_yoo_instaがシェアした投稿 -

 ミヨンの母親役のソン・オクスクさん。他のドラマでもよくお見かけする女優さんですが大好きです。こんなお母さん素敵です。

 

豪快な笑い声

このドラマを語る上で外せないのが、ゴンの「ムハハハハ」という大きな笑い声。かなり特徴的で、お腹から声が出てる感じ。コミカルなのに男前な部分もあったりして、本当にチャン・ヒョクさんはカメレオンのように様々な役柄をこなす俳優さんだと、あらためて思いました。このドラマの前にチャン・ヒョクさん主演の「ボイス」を観たのですが、まだ韓ドラ慣れしていない時期だったこともあり、同じ俳優さんだとすぐには気付かなかったくらいです。

 

なぜこのドラマを観ようと思ったのか、それはインスピレーション。タイトルを見て、なんとなく良さそう!と第一印象でそう思ったのは間違いではなかったと思います。根拠は無くとも無意識に惹かれるものがあったのかもしれません。

 

Morning of Canon

Morning of Canon

  • ペク・アヨン
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

おすすめ度★★★★★

 

  


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

ファン・ジニ/韓国ドラマの感想

◆2019年2月視聴

韓国ドラマ「ファン・ジニ」を観た感想です。

妓生(キーセン)の娘は妓生にしかなれない

<あらすじ>

両班(ヤンバン)の父と、妓生(キーセン)の母の間に生まれた少女チニ。妓生の娘は、芸妓として生きることを運命づけられていた時代に、母は娘に自分と道を歩ませたくないと幼い頃から娘を寺に預けた。しかしチニは天性の舞踊の才能を開花させ、母の反対を押し切って自ら妓生の世界へと足を踏み入れる。厳しい師匠との確執、ライバルの妓生との競い合い、そして、チニに思いを寄せる男たちとの悲恋····。苦しみの中でチニは真の芸の道を究めていく····。

(BS-TBS公式サイトより引用)

※韓国語では先頭にくる音は濁らない決まりがある為、フルネームだと「ファン・ジニ」、ファーストネームで呼ぶ時は「チニ」となります。

若き日のチャン・グンソクさんが若様役で出ていて、それはそれは初々しいお姿で.......。少し高さのある場所で扇を持って舞うチニを、眩しそうに見上げている若様グンちゃん....というシーンがあったはずですが(うろ覚えなので違ってたらごめんなさい)、青春そのものといった感じで印象に残っています。

もう一人の恋のお相手、キム・ジョンハン役のキム・ジェウォンさんも素敵でした。この頃のジェウォンさん良いですね。

そして何と言ってもチニ役のハ・ジウォンさんの美しいこと。妓生としての誇りを持ちつつ幼い頃の純粋さを決して忘れていない、凛とした姿に惚れ惚れとしました。

OSTも切なくて涙なしには観れないドラマでした。

 

 

私はこのドラマをAbemaTVで観ましたが無料で視聴可能な作品は限られています。忙しくて見逃してしまう事もありますよね。Abemaプレミアムなら見逃した番組や人気作品をいつでも好きなだけ観ることができます。

 

 読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

おすすめ度★★★★☆

 

 

 

ポチッとしてくださると励みになります


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

太陽を抱く月/韓国ドラマの感想

◆2018年12月視聴

韓国ドラマ「太陽を抱く月」を観た感想です。

朝鮮王朝時代の架空の設定です

<あらすじ>

朝鮮王朝架空の王、成祖が国を統治する時代。王の世嗣である世子のイ・フォン(李・喧)は、弘文館大提学の娘ホ・ヨヌ(許・煙雨)と出会う。お互いに惹かれ合う2人だったが、王の祖母である大妃は自身の甥の娘であるユン・ボギョンを世子嬪にする為、星宿庁の国巫チャン・ノギョンにヨヌを殺すように命じる。 8年後、王になったフォンは宮中に渦巻く陰謀に対し孤独に戦っていた。ヨヌを亡くしてからボギョンが王妃になっていたが、心を通わせておらず原因不明の体調不良に襲われるフォン。 そんな時、ヨヌに瓜二つの巫女と出会う。過去の記憶を持たない彼女には隠された秘密があった。

(Wikipediaより引用)

 割としっかり観た初めての史劇。たいていの史劇は架空要素も絡めつつ史実に沿った内容である事が多く、当然ながら実在の人物も登場します。

このドラマは朝鮮王朝という時代設定はあるものの、登場人物や出来事など全て架空。内容的にもファンタジー。だからこそ史劇の最初の取っ掛かりとしては良かったのだと今さらながら思います。

 

 小説が原作という事もあり、登場人物それぞれに役割があります。こんな事言ってはなんですが、無駄な人物が見当たりません。

キム・スヒョンさん演じる世子イ・フォンの子役時代をヨ・ジングくんが熱演しています。陽明君(ヤンミョングン)を演じたのはチョン・イルさん。今は亡きキム・ヨンエさん、チョン・ミソンさん.......他にも魅力的な登場人物で溢れています。

 

史劇はあまり観ない、観てみたいけど沢山ありすぎてどれを観ればいいのかわからない....そんな方々におすすめします。このドラマで史劇の雰囲気に慣れて、更に韓国史劇沼にドボンしたい方はガッチガチの史劇を観てみるのも良いですよ♪

  

 

 

 読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

おすすめ度★★★★★

 

 


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

逆賊-民の英雄ホン・ギルドン/韓国ドラマの感想

◆2019年3月から5月にかけて視聴

 韓国ドラマ「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン」を観た感想です。

<あらすじ>

朝鮮第九代王・成宗の時代。奴婢アモゲの子として生まれたギルドンには、ある特殊な力が備わっていた。それが不吉な運命を招くと考える父は、息子を守るために奴婢の身分から脱出しようとするが…。そんな中、娘を出産後に亡くなった妻の無念を晴らすべく仇討ちを決意したアモゲ。だが、彼が主人を殺めたところをギルドンが目撃してしまう。12年後、全国を旅する行商人となったギルドンは、妓生のコンファこと後のノクスとその付き人ガリョンと運命の出会いを果たす。間もなく朝廷では第10代王・燕山君が即位。やがてギルドンと燕山君は因縁の宿敵として遭遇することに…。

(TVQホームページより引用)

ホン・ギルドンってそもそも誰?

ホン・ギルドンの名前がタイトルに入っている別のドラマや映画があるので、この名前を目にした事のある方も多くいらっしゃると思います。私も「有名な人なのかな?」ぐらいにしか思ってなかったのですが、朝鮮半島では知らない人は居ないくらいの有名人。小説の主人公でまさしく英雄、ヒーローなんだそうです。そんなこともあってかドラマや映画の題材として使われる事が多いのですね。 

www.weblio.jp

父アモゲ

ドラマの主人公は当然、ユン・ギュンサンさんが演じるギルドンなのですが途中までは子役。キム・サンジュンさんが演じたギルドンの父親アモゲの存在感が圧倒的。アモゲなくしてこのドラマは語れないとさえ思います。

ギルドンの子役の男の子が味わい深い雰囲気で、どことなくユン・ギュンサンさんに似ているせいか、子役から大人へスイッチしても全く違和感がありませんでした。 

有名人だらけです

このドラマには燕山君やチャン・ノクスが登場します。燕山君は暴君として有名。このドラマでも悪人そのもので、良いエピソードは皆無に等しいです。ノクスを演じたイ・ハニさん、お美しくて見とれてしまいました。チャン・ノクスは、チャン・ヒビン、チョン・ナンジョンと並ぶ「朝鮮三大悪女」のひとり。その美貌ゆえに悪女となったとも言えるのかもしれません。ドラマ内では悪女っぽいエピソードは少なかったように思います。

張緑水 - Wikipedia

 

ホン・ギルドンはやはり英雄

低い身分で生まれたギルドンが大人になるにつれ実力を身につけ、ついに宿命の仇、燕山君と対峙するストーリー展開はわくわくします。王道のヒーローものですね。

 


逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン

 

読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

おすすめ度★★★★★

 

 

ポチッとしてくださると励みになります


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

花郎(ファラン)/韓国ドラマの感想

◆2019年1月から2月にかけて視聴

 

韓国ドラマ「花郎」を観た感想です。

ずいぶんと昔むかしのお話です

<あらすじ>

今から1500年前の新羅時代。賤民の村で暮らすムミョン(パク・ソジュン)は、生き別れた家族を捜したいという親友のマンムン(イ・グァンス)と共に都に潜入する。ところが、二人は禁軍に追われて深手を負い、マンムンは命を落とす。ムミョンはマンムンの本名"ソヌ"を名乗り、彼の妹であるアロ(Ara)を守るために生きようと決意する。一方、新羅第24代王の真興(チヌン)王 (パク・ヒョンシク)は、摂政の母・只召(チソ)太后の命令で世間に顔を明かすことなく生きている。不眠に悩む真興王は、街で語り部のアロの話を聞いているうちに眠りに誘われ、彼女に興味を抱く。そんな中、只召太后は見目麗しい貴公子を集めて王の親衛隊"花郎ファラン)"を創成すると宣言。ムミョンことソヌは親友の命を奪った者への復讐心から、真興(チヌン)王は母から王権を奪還すべくジディという偽名で花郎になる。それぞれの目的を果たすために花郎となったソヌとジディはぶつかり合いながらも絆を深め、成長していくが…。

(TVQ公式ページより引用)

史劇好きなので色々観ましたが朝鮮王朝もの、もしくは高麗から朝鮮へ移る時期を扱った作品が多いように思います。

ところがこの花郎<ファラン>はそのはるか昔。なんと1500年前の新羅時代。ええっ!?そんな時代にあんな装飾品とかその他もろもろ....本当にあったの?

ついついそんな事を考えてしまいました😧💦 そんな事言ってたら韓ドラ観れません。。。

とにかくイケメンだらけ。

断言します。これは史劇のフリをした「イケメンを愛でるドラマ」です。友情とか恋とか兄弟愛とかあるけれど、それは全てイケメンだから絵になるもの。とりあえずイケメンが観たい....そんな時に是非とも観ていただきたいです。

 

すいません、あまり色々と書くとネタバレになるので ざっくりとした訳のわからない感想になってしまいました。

花郎は実在の組織で、皆、容姿端麗であったと言われています。だからこそのキャスティングなんですね。

ja.m.wikipedia.org

 


花郎(ファラン)〜サムメクチョンの物語〜

 


花郎(ファラン)〜ソヌの物語〜

 

相変わらず文章力なくてすみません。

読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

 

死んでも君だよ

死んでも君だよ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

おすすめ度★★★★★

 

ポチッとしてくださると励みになります


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

 

七日の王妃/韓国ドラマの感想

◆2018年12月から2019年1月にかけて視聴

韓国ドラマ「七日の王妃」を観た感想です。

わずか七日で廃位された悲劇の王妃

 <あらすじ>

田舎で育ち街に憧れるチェギョンは、両親に内緒でひとり上京し、ヨクと最悪な出会いをする。言い合いの末、ケンカ別れをした2人だったが、なんと後日、婚姻相手として紹介され再会。始めは反発していたものの、共に過ごすうちに心を通わせていく。一方、燕山君は物怖じしないチェギョンに興味を持ち、淡い恋心を抱き始める。そんな中、ヨクとチェギョンはある事件を起こし、大激怒した燕山君は、結婚の約束をした2人を引き離してしまう。ヨクとチェギョンの初恋と、燕山君の秘めた愛が絡みあう中、それぞれの運命の行方とは―?

(TVQ公式ページより引用)

 パク・ミニョンさん演じるシン・チェギョン、端敬王后(タンギョンワンフ)は実在の人物です。ヨン・ウジンさんが中宗、イ・ドンゴンさんが燕山君を演じています。

燕山君の色気がすごい

加工しすぎなのか何なのか、ポスターやパッケージだと男性陣のお顔がイマイチな気もしますが(←失礼)、映像では当然御二方とも素敵です。中宗は優しいのですが、やや情けなく優柔不断な面が少々気になりました。燕山君は暴君として悪名高く、それ故に残忍なシーンも出てきます。イ・ドンゴンさん、このドラマで初めて拝見しましたがフェロモンがすっごい!画像無しで申し訳ないですが、チェギョンと二人で市場を歩くシーン。(貼り付けたYouTubeにチラッとそれらしきシーンがあります)この時のイ・ドンゴンさんが、まぁとにかく素敵でした。

 

朝鮮王朝史上最速で廃位されたという史実のせいなのか、どことなく悲しげな雰囲気が全般的に漂います。ほんわかとした場面もあるものの、悲しみの方が上回っているなぁ。。。と思いながら観ていました。

 

チェギョンの乳母を演じたヨム・ヘランさん、とっても微笑ましく思っていたのですが何とこの方、「トッケビ」ではウンタクの叔母!めっちゃ意地悪な役だったのに。。。

韓国では「トッケビ」→「七日の王妃」の順に放映されましたが私はこちらを先に観たので、優しい乳母が意地悪叔母さんになってる.......(´・д・`)(´・д・`)とショックが大きかったです。

 


7/3DVDリリース「七日の王妃」特別ダイジェスト:二人の王の純愛記

 

読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

おすすめ度★★★★☆

 

U-NEXTで配信してます♪

韓流LP

▼▼本ページの情報は2019年11月時点のものです。

最新の情報はU-NEXTサイトにてご確認ください。▼▼ 

 

 

ポチッとしてくださると励みになります


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

三銃士/韓国ドラマの感想

◆2018年11月視聴

韓国ドラマ「三銃士」を観た感想です。

原作はあの名作です

<あらすじ>

使臣団の一員として清を訪問中だったパク・ジウォンは、紫禁城の書庫で”パク・ダルヒャン回顧録”という一冊の古い本を見つける。物語は、100年前に書かれたというこの本に興味を持ったパク・ジウォンによる回想という形で進められる。この本の主人公パク・ダルヒャン(ジョン・ヨンファ)は、勇猛果敢で強い信念を持っているが、田舎者で我が強くプライドが高い点がたまにきず。恋愛でも猪突猛進、初恋の相手ユンソ(ソ・ヒョンジン)に一途。ユンソとの将来を考え、ダルヒャンは、父からは金の代わりに遠い親戚の戸曹判書(ホジョパンソ)への手紙を、母からは少しばかりのお金を貰い、武官の試験を受けるために漢陽(ハニャン)へ向かうのだった。都に到着したダルヒャンであったが、試験前日の夜、そこで何者かが合格者候補を襲撃する場面を目撃、犯人の後を追ったダルヒャンは、その途中で自分達を”三銃士”と呼ぶ正体不明の3人組と遭遇する・・・。

(TVQ公式ページより引用)

 

 アレクサンドル・デュマの「三銃士」をどうやって韓ドラにするのかと思ったら…まずは名前!主人公はダルタニアン(ダルタニャン)ならぬパク・ダルヒャン!そう来たか!

 

ちなみに、原作の登場人物→本作での役名(演者さん)

は、このようになっていて、名前や設定を寄せてきてます。

↓↓↓↓↓↓

  • ダルタニアン→パク・ダルヒャン(ジョン・ヨンファさん)
  • アトス→昭顕世子(イ・ジヌクさん)
  • ポルトス→ホ・スンポ(ヤン・ドングンさん)
  • アラミス→アン・ミンソ(チョン・ヘインさん)

 

田舎から科挙を受けに来たダルヒャンが、ひょんなことから三銃士と出会い、共に切磋琢磨していくストーリー。

イ・ジヌクさん演じる昭顕世子は、色々な史劇に登場する悲劇の世子さま....どんな最期を迎えたのか知っているからこそ、ファンタジー史劇とは言え「もしかしたら本当に三銃士として楽しく過ごしていた時期があったのかもしれないな」なんて妄想も膨らむものです。

 

実を言うと原作は某局の人形劇で途中まで観ただけなのですが.......。

実は続編の予定があった

当初から続編ありきで制作開始だったはずが、大人の事情なのか何なのかはわかりませんが頓挫してしまいました。最終回が個人的には、ちょっと....うーん、な終わり方なんです( ¯•ω•¯ )

おそらく続編予定を見越しての、あのラストだったんだろうなぁ。

ジョン・ヨンファさん、イ・ジヌクさん、チョン・ヘインさん

とイケメン揃いなので軽~く観るには良いドラマだと思います。

 


tvN DRAMA [三銃士] パク・ダルヒャン&昭顕世子編

 


tvN DRAMA[三銃士] 1話ハイライト

 

読んでくださってありがとうございます´ω`)ノ

 

おすすめ度★★★☆☆

 

 Huluにて配信しています♪

韓流バナー

 ▼▼紹介している作品は2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください▼▼

 

 

 

登録無料で気軽に始められます

 

 

 

 


韓国ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村